トップページ > 私が妊娠糖尿病!? > 75gブドウ糖負荷試験(75gOGTT)とは

私が妊娠糖尿病!?目次

75gブドウ糖負荷試験とは75gOGTTとは

別名のOGTTとは、Oral glucose tolerance testの略。75gブドウ糖負荷試験は、他の糖尿病検査で、グレーゾーンだと判定された人が受ける検査です。他の検査で糖尿病が確定している人は、高血糖を引き起こす可能性があるのでこの検査は行わないそう。

朝食を抜いた空腹の状態で75gのブドウ糖を飲み、30分ごとに採血して血糖値を調べ、2時間後までの血糖値がどう移り変わるかを見ます。

次の基準のうち、1つでも該当したら「妊娠糖尿病」と診断されます。
●空腹時血糖値が、92mg/dl以上
●1時間値が、180mg/dl以上
●2時間値が、153mg/dl以上

さらに、以下のどちらかに当てはまる場合「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」と診断されます。これは妊娠糖尿病とは区別されていて、要は「糖尿病です」ということになります。
(参照:日本糖尿病・妊娠学会資料)
●空腹時血糖値が、126mg/dl以上
●2時間値が、200mg/dl以上

この検査、何度も採血されるのがツライです。ブドウ糖を飲む前、30分後、60分後、90分後、120分後の計5回。1日のうちに、こんなに注射器を刺されるのは初めての経験でした。(>_<)

妊娠性糖尿病トップへ戻る
Copyright(C) 妊婦さま手がかかる  All Rights Reserved.