トップページ > 羊水検査

羊水検査目次

羊水検査を受けに病院へ

まずは、診察とカウンセリング

羊水検査の前に、紹介状とカルテのコピーをもって診察を受けに来るよう指示がありました。診察の内容は、超音波と内診。それから、専門のカウンセラーによるカウンセリングです。

私は1人で行きましたが、パートナーと一緒に来ている人が多かったです。産婦人科とのやりとりがトラウマになっていて、オドオドしていたのですが、イヤミを言われることもなく淡々と診察が終わり、ほっと一息。

カウンセリングでは、検査を受ける理由や、陽性だった場合の対応はどうするのか、などを聞かれます。話しているうちに、思わず泣けてきてしまったのですが、きちんとこちらの事情に耳を傾けてくださり、おかげで気持ちが落ち着きました。

検査はいつでもキャンセルしていいし、受けたあと結果を聞きたくなかったら、それでもいいとのこと。患者の気持ちを尊重してくれる病院の方針に、信頼感が湧きました。

羊水検査の日にちを決めて予約し、この日は終了。
ここまででかかった費用は、初診料4,050円と医学管理等1,500円に消費税で、計5,830円でした。保険はきかないので、全て自費です。

検査をどうするか決めかねている人は、まず、ここまでを受けてみてから考えるのもいいかも。

いよいよ羊水検査開始に続く

羊水検査の体験談ページのトップへ
Copyright(C) 妊婦さま手がかかる  All Rights Reserved.